投稿画面で画像挿入不可

10月 8, 2015 · Posted in トラブル · Comment  Print This Post Print This Post

Wordpressトラブル今日、Wordpressに記事を作成し画像を挿入しようとしたところ、「メディアを追加」ボタンをクリックしても無反応、ビジュアルタブからテキストタブに切り替えようとクリックしても無反応という状態になりました。
Wordpress4.3にアップグレードしてからかもしれません。
他のバージョンのWordpressでは問題ありません。
アイキャッチ画像の挿入はできました。
GoogleChromeだけでなく、Firefoxでも同様でしたが、Firefoxではメディアメニューからアップロードはできました。

原因不明で、とりあえずWordpress4.3.1が出ていたのでアップグレードしてみました。
それでも未改善。
プラグインを全部アップグレードすると、改善しました。
正常に使えるようになりました。
どれが原因だったんだろう・・・。

WordPress4.3にアップしたらエラー

9月 10, 2015 · Posted in トラブル, 設定 · Comment  Print This Post Print This Post

WordPressを4.3に更新したら、こんなエラー表示が・・・。

functions.php

こういうのはエラーをそのまま鵜呑みにしてはいけない。
ググってみると、やっぱり警告通りにfunction.phpをいじったりしてはいけない。
今までにもこういうことはよくあった。
それに今は忙しいのよ。
何か不都合があるのだろうけど、ホームページのトップにこんなもんを表示させるのはやめなさい。
という訳で、[wp-config.php]の

define(‘WP_DEBUG’, true);

をコメントアウト。
他のプラグインやテーマも徐々にアップグレードするでしょう。
下記のサイトにお世話になりました(感謝)。

WordPress4.3へ更新後NOTICE:~functions.php on line 3457の表示が!

写真のアップロードができない

5月 21, 2015 · Posted in トラブル · Comment  Print This Post Print This Post

5/17に突然、Wordpressで写真のアップロードができなくなりました。
5つあるドメイン・サブドメインのうち、3つでできません。

「ディレクトリ uploads/2015/05 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?」

この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか

と出ますが、すでに「uploads/2015/05」はあります。
この1週間ほど前に、うっかりサーバーの更新料を払い忘れて、一時的にサイトの表示ができなくなりました。
あわててすぐに手続きしたので、特に問題は無かったのですが、何か関係あるかもしれないと思ってサーバー(ロリポップ)のサポートに問い合わせを送りました。
1週間前には正常に出来ていたので設定やプラグインを何か変えた覚えもありません。
アップロードできないうちのひとつなどは、長いこと更新していません。
返事が来て、当然ながらパーミッションやサーバーのWAF(ファイヤーウォール)を確認するようにとアドバイスを受けますが、WAFのログにも何も検知していませんし、無効にしても解消しません。
PHPをアップデートすると、一番古いホームページは真っ白になってしまいました。
これが怖くてなかなかWordpressもバージョンアップできなかったんだけど・・・。
この際なので、とにかく全部バージョンアップ、プラグインを全部無効にして、テーマを変更しても、やはり写真のアップロードができません。

しかし、なぜ2サイトはできる?
何が違う?
Wordpressのバージョンはそれぞれ違います。
プラグインも全部同じものもあれば、違うものもあります。
テーマも全部違います。
メディアの設定はデフォルトのままで、変更していません。
PHPの設定も同じです。メディア設定

全部のサイトを画面上に並べて、メディアの設定をもう一度確認すると、正常な2サイトのみ、ファイルアップロードの「アップロードするファイルの保存場所」項目が無いです。
これは、Wordpress3.5から無くなったそうですが、最新にしたサイトを含む3サイトには設定が表示されています。
もしかして、パス変更になっている?
このサーバーは途中でロリポップ側の都合でプランが仕様変更されています。
もともとは独立したチカッパだったのが、ロリポップのチカッパプランに統合されて、その時に特に面倒なことは無かったと思うのですが・・・。
ここをデフォルトの「wp-content/uploads」に変更すると、「アップロードするファイルの保存場所」項目が非表示になり、アップロードできるようになりました。
移行した際に本来は修正が必要だったのではないでしょうか?
今まで使えていたのは、サーバー側で変換してくれていたのではないでしょうか?
その経過期間がたまたま過ぎたか、一旦契約が途切れて変換されなくなったとか・・・。
同じ仕様で長期間使っていると、逆にどんどんわからなくなります。
問題無い2サイトは比較的最近構築したような気がします。
問題のあった3サイトは、途中でWordpressのバージョンが3.5以上にアップデートしたのかも・・・。その時に絶対パスが設定されていると、メディアの設定に「アップロードするファイルの保存場所」項目が表示されるのかもしれません。

WordPress→SNSへの連携プラグイン

4月 17, 2015 · Posted in プラグイン · Comment  Print This Post Print This Post

WordPressからFacebookに連携するのに、「RSS Graffiti」を使ってきましたが、どうやら終了するようです。
連携がひとつくらいなら都度手作業でやっても良いのですが、複数あるとかなり面倒でうんざり・・・。
何か代替サービスが無いかと探して見つけました。

WordPressのプラグインの「jetpack by wordpress.com」。
あらゆるSNSをwordpress.comを経由して連携します。
wordpress.comでアカウントを作っておき、Facebookとの認証を通します。

jetpack

設定で「パブリサイズ」の設定を開き、

jetpack

連携したいSNSを設定していきます。

jetpack

前にはできなかったGoogle+も連携できました。

Googleセーフ ブラウジング診断

3月 1, 2015 · Posted in トラブル · Comment  Print This Post Print This Post

知らないうちに自分のサイトが妙なことになってないか、Google先生に診断してもらいましょう。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?spc=ja&site=(ドメイン名)

セーフブラウジング

WordPress4.0で管理画面文字化け

11月 3, 2014 · Posted in 設定 · Comment  Print This Post Print This Post

WordPressを4.0にアップしたサイトの管理画面で、アイコンが文字化けしてしまった。
Firefoxでは文字化けしない。GoogleChromeだけ。

文字化け

文字化け

自分だけならFirefox使えば良いって話だが、もし、お客様のところでも同様になってしまったらかなりうざい。
「WP Multibyte Patch」は最新。
「WP Multibyte Patch」には、すでに編集する部分が存在しない。
デフォルトのテーマでプラグイン全部無効にしても化ける。
Chromeのキャッシュを削除してもダメ。
これはおかしい。
散々ぐぐったけど、みんな該当しない。

かなりゲンナリしながら辿り着いたサイト。
WordPress3.9のアイコンと「メイリオ強制」は敵対する
そういえば、このChromeでは文字化け問題が結構あっていろいろ設定をいじっている。
拡張機能を確認、「Font Changer with Google Web Fonts™ 3.0.2」を無効にしてみると・・・、
ビンゴだ!
こいつが犯人だ。

文字化け

いえいえ、つまりアタシのせいでしたってことで。アタシ犯人。
WordPressの管理画面ではこれを無効にすれば良いのでした。

自分用のメールフォームを作る

9月 1, 2014 · Posted in プラグイン · Comment  Print This Post Print This Post

業務の中で作業報告を現地からメールでという指示を受けることがあります。
しかも、項目が多くて、入力内容も多くて、作業よりこれが耐えられないということがあります。
いちいちノートパソコンを立ち上げるのも嫌です。
携帯メールでなんて気が狂いそうです。
タブレットは、メールは見るだけです。
帰ってからではダメだと言われます。
多々有ります。ブチ切れそうです。
これが嫌いでお断りすることもあります。
こんな事を要求する人間、嫌いです。

で、考えてみました。 WordPressのプラグインのコンタクトフォーム(Contact form 7)、これを使えるのでは?
これなら、定形文もトグルボタンもチェックリストも何でもできます。
必須項目を設定すれば入力漏れや添付漏れもありません。
WordPressの携帯表示プラグインやスマホ用表示プラグインが入っているので、タブレットでも携帯からでもWEBでメールが送れます。

フォームメール

↑これはiPad miniで見たところ。
試しに違うファイルを添付しようとしてみました。

以前、メールソフトのBecky!を使っていた時はテンプレートが使えたのですが、Gmailに変えてからこれだけが面倒だったのです。
セキュリティが心配ですが、Wordpress自体セキュリティはしっかりしてあるのが大前提。
このページもパスワードをかけます。
必要が無い期間は非公開。
もちろんSEO対策のサイトマップからは外します。

あらためて、「Contact Form 7」はすばらしい。
Contact Form 7の解説はこちら

Googleドキュメントで似たような事ができますが、メールの本文の編集があまり融通がききませんでした。
こちらもEXCELやCSVで出力できたりして、使いようによっては良さそうです。

追記(2014/9/1):
レンタルサーバーのチカッパで、Contact Form 7を更新ボタンをクリックすると403エラーが出ていましたが、チカッパのサポートに確認したところ、「.htaccess」に下記を記述することで解消しました。

SiteGuard_User_ExcludeSig crlfinj-4

 

 

サイドバーに写真を1枚貼り付けるプラグイン

5月 25, 2014 · Posted in ウィジェット, プラグイン · Comment  Print This Post Print This Post

Image Widget
なんともシンプルな機能なんですが、意外とこんなのが無かった気がします。
特に、Wordpressを誰でも更新できるように作りたい場合、こんな何でも無いことが実は結構初心者には難しかったりします。

ウィジェットの設定画面

image widget 

こんな感じに ↓

20140525_14:41:15

WordPress403エラー解消

403error

お客様のWordpressで403エラーが頻発していました。
レンタルサーバーに複数のWordpressを設置しており、その中のメインページをトップの階層に置いてあります。
メインページのみ、Wordpressの設置フォルダとURLが別になっているわけです。
その設定をしたあたりから403が出るようになりました。
403エラーは出ますが、再読み込みすると表示されるので余計にわからない。
スタイルシートの読み込みに失敗したり、画像ファイルの一部が読み込み失敗することも度々です。
一部、他のWordpressのページのアドレスと重複したりしていたのは修正しましたが、まだ403が出ます。
レンタルサーバーのWAFを無効にしても未改善。

どうやら.htaccessファイルが原因でした。
古いMovableTypeもあり、ホームページビルダーで作成したページもあり、どれが削除して良いファイルかなかなか判断が難しい。
いろんなアクセス制限もしているので、だれが設置したのか分かりづらく、試しに一番上位の階層にある.htaccessをリネームしてみたところ403エラーはきれいに出なくなりました。
おそらく、パーマリンク設定を変更したあたりで自動で作られた.htaccessだったかと思われます。

ロリポップでアクセス制限

4月 7, 2014 · Posted in レンタルサーバー関連 · Comment  Print This Post Print This Post

WordPressにログインできなくなったそうで、対応依頼です。
ロリポップロリポップからメールが来て

WordPress の wp-login.php に対し、複数回のログイン試行が確認されました。
アクセスの内容より、総当たり攻撃や辞書攻撃など、WordPress への
不正なログインを試みるアクセスの可能性が高いと判断されたため
弊社側で .htaccess による wp-login.php へのアクセス制限を実施し、
WordPress ダッシュボードへのログインができないよう対応を行っております

お客様ご自身が WordPress にログインするため、
.htaccess を編集しアクセス制限を解除する必要がございます。

ですって。

それでお客様失敗して、Wordpressにログインできなくなり、さらに失敗してホームページも表示できなくなっていました。
正しく設定して正常動作するようにしましたが、このままではお客様や弊社のIPアドレスが変わるたび、「.htaccess」を修正しなければログインできません。
IPアドレスで制限はやめて、日本以外からはログイン不可に変更しました。
これにより、お客様のIPアドレスが変わってもいちいち変更する必要はありません。
アクセス履歴プラグイン「CrazyBone」導入。ログイン及びログイン失敗の履歴が見れます。
時々確認して、怪しげなログインの試みが続くようなら、相手を追跡して然るべき対処をした方が良いかと思います。
日本国内からのみのはずなので、レンタルサーバーを探しだして苦情を送ることができます。(簡単ではありませんが)

「WP to Twitter」が止まっていて、修復を試みたけどうまくいかないので、やめて「Tweetable」を設定。
ウィジェットもうまく働かないので「Twitter」のタグ貼り付けに変更。
Twitterの仕様変更が原因ですが、ここんとこあれこれ変わる度に振り回されるので勘弁して欲しい。

« 前ページへ次ページへ »

-->